Googleカレンダー、自前iframe用ソース

最近になって、GoogleカレンダーのXMLが取得できなくなり、祝日データなどがOAuthを通ったAPI経由じゃないとつかえなくなりました。
さらに一部のSafariとIE10ではiframeの埋め込みが表示できなくなりました。

そこで気軽にGoogleカレンダーの埋め込みが使えないので、一応そこら辺のブラウザ対応したiframe用のソースを作りました。

(2015-12-21追記)
時間指定の時に対応していなかったので、修正しました、こちらを使ってください。ダウンロード
以前の⇒ダウンロード

使い方

APIでデータは取ってきています。OAuthを使わなければならないので、まずGoogle Developers Consoleに行ってください。

プロジェクトとかある前提で、API>認証情報から”OAuth 2.0 クライアント ID”を作ります。
この時にアクセストークンを取る仕組みを作っていると楽に使えます。自分は面倒なので簡単に使えるのを作りました。

上記などにしたがって、クライアントID、クライアントシークレット、リフレッシュトークンを取得してください。

無事取得出来たら、ダウンロードしてきたgcal.zipを解凍して、gcal.phpができると思います。
その中の該当箇所に情報を入れます。

これでアップすればgcal.phpでカレンダーと日本の祝日が表示されると思います。
カレンダーの追加は、

$calendars['カレンダーのID'] = '予定のクラス名';

等で追加していきます。
クラス名に対するスタイルは、

$styles['style1'] = 'background-color:#E67399; color:white;';

のようにして追加します。
※まあ、適当なソースなので全然いじってしまっていいです。

また、その下にHTMLのソースがありますが、その中のスタイルなどもいじってしまっていいです。
サイトに合わせて調整できるのが自前ソースのいいところなので。

是非お試しを。

↓デモ