[WordPressプラグイン]Shibuya CMS

WordPressプラグイン Shibuya CMS

カスタム投稿タイプの設定とカスタムフィールドを使った投稿画面の作成を簡易にするために作った、Web業者向けプラグインです。
ダウンロードはこちら

機能:
カスタム投稿タイプの登録
カスタム投稿タイプの投稿画面作成

お仕事でWordPressを使うときはよくカスタムフィールドテンプレートなどのプラグインを使っていたのですが、お客様が使いやすい画面は毎回要件によって違うので、もう少し改良できないものか?と思い作成したプラグインです。

使い方

プラグインディレクトリの /shibuya-cms/post-types/ の中にsample.phpなどを作り、テーマと同じように冒頭のコメントアウトで設定を書けば、投稿タイプが作れます。

サンプル:
<?php
/*
label: 俺の投稿タイプ
labels.name: 俺の投稿タイプ
labels.singular_name: 俺の投稿タイプ
labels.menu_name: 俺の投稿タイプ
labels.name_admin_bar: 俺の投稿タイプ
supports: title,editor
cat-my-category: カテゴリー
tag-my-tag: タグ
*/
?>

基本的な項目名は、register_post_type()の引数に準拠してます。こちらを参考
post、pageという名前で作った場合は、既存の投稿、固定ページの内容が一部差し替わります。

なお、一応WordPressの設定にGUIができるようになっていて、書き込み権限があればGUIから作成でき、プラグインの編集で管理画面から編集もできます。

そしてこのプラグインの魅力はここから。

さらにこの投稿タイプを設定したファイルに投稿画面の入力枠などをHTMLで記述していくことができます。

<input type="text" name="@text">

name属性の先頭には@をつけます。これは投稿した内容の編集時にJavascriptで値を当て込んでいるためです。
あらかじめCSSなどもあり、GUIから作成した場合、サンプルのソールが入るように出来ています。

サンプル

お客様に提供する際に、画面の使いやすさを追究したり、見栄えを考えたときには重宝するプラグインかと。
まだ完成度は低いですが、今後もよくしていけたらと思います。

更新履歴

version 0.2
カスタムフィールドにWYSIWYGエディタ(TinyMCE)を適用できるようにしました。クラスrichtextを設定したtextareaに適用されます。 ※仕様によりIDが勝手に設定されます。
version 0.2.1
軽微な修正
version 0.2.2
カスタムフィールドに指定した画像の読み込み速度の改善
version 0.3
データをwp-optionsに保存する設定へ変更
version 0.3.1
ダミー画像へのパスがずれる現象を修正
version 0.3.2
投稿タイプの削除機能を追加
version 0.3.3
公式登録用のreadme.txtを追加
version 0.3.4
投稿、固定ページの設定時にタクソノミーが追加できないバグを修正
version 0.3.5
ビジュアルエディタの無効化設定を追加、アイコンのURL変更、supportsからeditorを外した時もメディア選択を可能にする修正、先頭に”;”をつけるとコメントアウトになる設定
version 0.3.6
軽微な修正
version 0.3.7
固定ページの投稿タイプを作成した際の挙動を修正
version 0.3.8
ビジュアルエディタをtextarea.richtextへ当て込む際、quicktagsの切り替えをできるように変更
version 0.3.9
0.3.8のバグフィクス
version 0.3.10
0.3.9のバグフィクス、ビジュアルエディタへの置換をPHPで行うことにした
version 0.3.11
アップローダーに画像以外のファイルを追加
version 0.3.12
0.3.11のバグフィクス
version 0.3.13
画像、ファイル選択の削除ボタンが表示されていなかった問題を対応
version 0.3.14
チェックボックスのチェックを外すやり方がわかりにくかったので修正、hiddenの場合データ反映をしないように変更
version 0.3.15
上記にバグがあるため修正、.no-updateが指定されているものはデータが反映されないように修正

ダウンロード